特別なシールにチヂミ模様加工

アルミ蒸着フィルムに縮模様加工したシール

シルクスクリーン印刷で、UVインクを使用してチヂミ加工を行うことで表面に小さな波状の凹凸を表現した縮模様のシールを作成できます。

チヂミ模様シールとは

縮(ちぢみ)とは、強い撚りをかけた糸を緯糸に織込み、織り上がった後に、湯もみして縮ませた着物の生地の風合いをいいます。(ちりめんともいう)UVインクで伸縮させたときにできる柄が着物の縮柄に似ていることから縮模様シールと呼んでいます。透明フィルムに透明インクで縮加工したシールをガラスに貼れば絵柄の部分がサンドブラスト加工を行ったように見えます。
アルミ蒸着フィルム(アルミニウムを高真空状態で抵抗加熱や高周波加熱などによって加熱蒸発させ、その蒸気をフィルムの表面に付着させてフィルムにアルミの薄い膜を付けたもの)に使用すれば普通のシールとは違った高級感のあるシールができます。
化粧箱の装飾や名刺のワンポイントシールなどいろいろな用途にご利用できます。

シールのデザインにチヂミ模様加工

縮模様を部分的に入れることができます。模様の大きさも調整できますのでシールデザインのバリエーションの一つとして取り入れていただけます。通常のシールでは物足りなく感じた場合などに、絵柄の背景に縮模様を入れることでイメージが大きく変わりグレードアップ感が得られます。